94日目 「オナ禁でスーパーサイヤ人効果?いや、己がニュートラルに戻っただけだ」

今日はローソンのアイスコーヒー。
久々飲んだけどうまい。口当たりが最高だ。

オナ禁は94日目だ。おそらくオナニーという行為はおれの中から消え去った。

オナニーは、やらないといけないものだと思っていた。中学の授業では、出さないと体に悪いと教わった。

20代…それは日課となり、何の疑問も持たなかった。

30代…それをすることで男性らしさが保たれてると思っていた。続けることで体の負担を感じながらもやらなくなったら男は終わりぐらいの気持ちだった。
だから、それを続けながら精力UPのためのサプリメントや食材に頼っていた。

「オナニーをしない」という選択肢。

おれの概念を根本から覆す考え方だった。

オナ禁

たしかに効果を実感。

心身の調子が良くなった。

でもね、この状態が普通の事なんだって思う。

だから、おれが本来もっているパワーが正常値に戻っただけの話。

オナ禁をしてパワーアップしたわけじゃない。

オナ禁をしてニュートラルにもどった。

オナニー三昧だったから、自分のもつエネルギーレベルを知らなかっただけ。くそな自分があたりまえとおもっていたから。

中学の時、おれは輝いてた。エロの悪魔にジャックされてなかったころのおれ。

今、その頃の魂にもどった感覚がある。


気のせいなんかじゃない。

91日目 「朝立高確率の要因」

ミニストップのホットコーヒーを買ってみる。
ローソンやセブンよりやさしい味わい。

91日目。眠気が強めだが、絶望的感や倦怠感、殻に閉じこもりたくなる感はなし。

人とのコミュニケーションは苦じゃない。

オナ禁をしていて、ここ最近の気付きは、朝立率の高さだな。オナ禁も3ヵ月を経過することに加え、あるハーブを摂取していることも要因の1つと考えられる。

「アシュワガンダ」

アダプトゲン系のハーブで、インドの伝統療法で5000年の歴史をほこるとされるこのハーブは、「馬並みの力」を得られるとも言われるらしい。

勘違いしちゃいけないのは、単に欲望を掻き立てるものとして、こいつに頼る事はNGだってこと。

おれはこのハーブを、精エネルギーを高めて、精力を正しく扱っていくためのパートナーとして位置付けている。

おれの相棒。(朝立にかけて)

90日目 ② 「オナ禁をする決定的なメリット」

仕事を終え帰宅、風呂に入り、金麦をくらう。

今日はやけに酔う。

正直な話、射精によるダメージに不安を感じていたが、杞憂に過ぎなかった。

朝立はするし、性欲もある。

コミュニケーション欲もある。

絶望感はなし。

朝は眠かったが、倦怠感はなし。

オナ禁はまだ90日。オナ禁の先駆者、先輩方からしたら、90日で何がわかる?って話かもしれないが、
おれはオナ禁をすることによる決定的なメリットを、えげつないエロ思考からの解放にあると見つけたり。
これにより、おれは健全な思考を取り戻し、心身の健康を取り戻した。死んだ魚の眼には光が宿り、淀んだ声は心地よい響きに変わった。

あくまで、おれの場合の話。

エロスに喜びを感じ、オナニーを日課にしていた男の話。

寝ても覚めてもスケベなことばかり考えていた男の話。

90日目 「オナニーしすぎで鬱っぽいやつ、おれのブログを一読してみてくれ!」

出勤前。コンビニによってホットコーヒー。

隣のレジに、ポニーテール、韓国女子風の眉毛、ちょっと色黒、ややぽっちゃりのエロカワイイ女。

おれのエロさやべぇ。
おれよ、お天道様が上がったばっかりなのにどんなこと考えてんじゃい!

でも、即切り換える。車ん中かで、「あっ!!!」っと気合い入れて、柏手を打って、エロっ風を追っ払う。
ちょっとやべぇやつ(笑)

おれよ、エロに硬派な男であれ。

オーディオから、akの「スタートイットアゲイン」♪が流れてきた。

「ふたたび宿る鼓動、甦る映像、本当は怖かった、さぁそのセルを回せ、くだらねぇ意地を捨てたショータイム」♪

人生を取り戻す旅が始まった。

89日目 「今日の1日。オナ禁が命運をわけたんだ」

f:id:sreyki:20201110184828j:plain今日の1日。(オナ禁89日目のおれ)

朝起きて、歯をみがき、ゴミを出し、トイレ掃除。
朝食は、目玉焼きと薄皮クリームパン2個をホエイプロテイン(マイプロテイン バニラ味)で流し込む。

布団を干す。11月だが、太陽があたたかく太陽熱が体に染み込んでくる。リビング、キッチン、階段、寝室の拭き掃除をする。雑巾にハッカ油を染み込ませて爽やかな香りを部屋に漂わせながら。

昼飯は、テストステロンと仲良しなニンニクさんをふんだんにぶっ込んだペペロンチーノ。
おかげで、ガーリックブレスが半端じゃねぇけどキッスの予定もねぇしな、関係ねぇ。
食い終わって一息ついて、洗濯物、布団を取り込む。

早めの風呂に入り、軽く瞑想、今に至る。

86日目にして、健全な節度あるSEXをした影響なのか、眼に疲れを感じる。バイタリティも落ちぎみな感じ。エネルギーレベルは射精前よりは落ちている気がするが、大暴落な感じではない。
オナ禁も約90日になるんだ。それもただ溜めてたたたわけじゃない。あきらかにエネルギーの分母はでかくなってるぜ。

今日の1日。(オナ禁に出会う前のおれなら…)

朝起きて、しぶしぶゴミを出しにいく。飯くってソファーに行きだらだらYouTubeを見る。昼飯くってソファーに行く、無駄に携帯をいじる。慢性的に疲労を感じてるから、昼寝せずにはいられずに、布団に入る。
目を覚まし、明日に不安を感じる。
あっという間に夜がきて半分かけた月を見る。
今日1日何をした?自分に問いかける。どうにかここを抜け出したいって思いながら、行動を起こそうとするが、あれもこれも先伸ばし状態。意思の力は簡単にくだけちる。
夜な夜な、どうすれば己を変えられるのか、携帯で自己啓発やらなにやらの記事を検索したりする。(何とかしたいって気持ちがあるだけまし。それでオナ禁に出会ったから)

今日の1日。(オナ猿期のおれなら…)

朝起きて、ゴミ出しに行く。
飯くって、トイレを済まし、無駄にYouTubeを見る。
ポルノサイトを開き、ネタ探しに躍起になり、精エネルギーを無駄に発射。だるさと、不安、絶望感を感じながら、だらだら1日を過ごす。頬はこけ、体は痩せ細り、鏡を見れば死んだ魚のような目をしたキモい男と目が合う。夜になり、またポルノサイトを…。

今日という1日。

オナ禁が命運をわけたんだ。

先日、MYオナ禁7ヶ条をUPしたが、これを一つ追加したい。
「エロに硬派な男であれ」

88日目「 魔が差す瞬間」

f:id:sreyki:20201109171523j:plain先ほど仕事を終え帰宅し、昼食を終えたところだ。

帰り際、スーパーでゲトった赤身肉400gを仲良しのニンニクさんとフライパンで豪快に焼いてから食らった。

牛肉を噛みちぎっているときに、「好きなセクシー女優の動画ちょこっとだけ見よっかなー」と思いついた。「このあと風呂に入りながらちょっとだけ…」

あぶねぇー。

ポルノ動画を開くとこだった。

魔が差すところだった。

「魔が差す」

怖いねぇ。

魔が差して万引きをする。魔が差して痴漢をする。魔が差して盗撮する。魔が差して不倫する。魔が差して薬物に手を出す。

悪魔によるジャック。文字通り悪魔がやってくる。

おれはそいつをまばゆい光で跳ね返した。自分が誇らしいよ。

携帯でポルノが何時なんどきどこでも見れるなんてどうかしてる。

おれはジャックされねぇ。
今まで、オナ禁停滞期に、ものの数分だけ起爆剤の意味でポルノ動画を見たことがある。これによって、テストステロンの分泌にいい刺激になる事もあるのかもしれない。でも、なんか違和感。ポルノはエネルギーを吸いとっていく気がする。

以前は暇さえあれば、ポルノをチェックしていたよ。

87日目 ② 「MYオナ禁 7ヶ条」

f:id:sreyki:20201108154429j:plainこいつが、オナ禁87日目にしておれの中から浮き上がってきたオナ禁7ヶ条だ。

①エロ禁は徹底するべし。
②健全な夢精はノーカウント。
③健全で節度あるSEXはノーカウント。
④節度ある食生活を心がけろ。
⑤溜まってきた精エネルギーは転換しろ。
⑥筋トレでテストステロンをぶち上げろ。
⑦自分に合うハーブとタッグを組め。