187日目②「溜めるは淀む?精子も?」

いつも読んで下さる方。ありがとうございますm(_ _)m


本日、パートナーとのそれがあった。

発射されたわけだ。

精なるダムは放流された。

溜まるとそこには淀みができる。

淀みをつくらないためには流れをつくらないといけない。

気の流れ。

血液の流れ。

排水溝のつまり。

つまり、淀みは不調を生む。

パートナーのそれを終えて、おれは淀んだ何かが流れていった気がした。

オ◯ニーを禁じて、節度あるそれをする。

これは健全な人間(おれ)の姿なんじゃないか?

オナ禁オナ禁って躍起になって、射精をためらいすぎたらエネルギー溜まるどころか淀むんじゃないか?

正解がほしい。

正解をくれよ。

自分と対話しながら見つけるしかないね。

しかし、なんでこんなにくそ真面目に考えてばっかいるのかね?
自分がめんどくなる。
快適な人生にしたいから考えてるわけで、オナ猿期の絶望をしってるからそこにもどりたくないってのが原動力。

オナ禁187日目で感じたのは、どこがでやはり出しといたほうが良いと思った。
出しどころは、やはり、愛する人との行為。
パートナーがいなければ、オ◯ニーをする。
節度をもってやれば問題ないと思う。

性に対する考え方は人それぞれだし、オ◯ニーを軽蔑する気も悪者扱いする気もないけど、おれにはオ◯ニーは毒だったらしい。オ◯ニーに、エロに囚われちまったから。
今ならオ◯ニーとほどよい距離感をつくれる自信があるけど、やっぱりオ◯ニーはしないだろうな。
今は、そこにエネルギーを取られるのがもったいないって思う。20代の頃みたいに性欲の鬼じゃなくなったのも一つだな。
なんかさみしくもある。

やりたきゃやる。やりたくなけりゃやらない。食いたきゃ食う。抜きたきゃ抜く。これくらいの感覚で軽快に生きられたらいいのになって思うけど、おれには無理だな。

でも、おれえらい!

自分と向き合って頑張ってるな。