オナ禁1日目。「誕生!!ニューオナ禁ライフ」

f:id:sreyki:20210323050516j:plainオ◯ニーをしました。

おれはおれを肯定する。

昨夜おれは、オナ禁215日の間にも感じたことのない激しいムラムラに襲われていた。

あるいは、筋トレで発散しても良かったのかもしれない。

でもいいじゃん。

今日は発射により発散したかったんだから。

オナ禁継続215日の牙城が崩れ落ちてからは、おれを縛るストイックな何かが無くなっていることに気づいた。

力がふっと抜けて身軽になった感じだ。良い意味で。

なんかこう眉間の力が抜けた。

自分に都合いい言い訳をしてるわけじゃない。

オ◯ニーをしたら、心身からストレスが去っていった。
恵みの雨が降り、貯蔵庫に水が溜まり、淀みかけたその溜め水が綺麗に洗い流され、次の雨を受け入れる準備が整った感覚だった。


一度オナ禁を初めて200日を超え、ゼロにもどり、
二回目のオナ禁ライフが始まったわけだが、今回のそれは力みの抜けた良いものになりそうな気がする。

日数にとらわれんな。

発射したあとも、罪悪感はなかった。

エロに囚われない自信があるからだ。

「オ◯ニーを捨てた男」というブログのタイトルを変えるつもりはない。

おれはオ◯ニーは捨てた。それはオナ猿期のむやみなオ◯ニーを意味する。

体と対話しながら、節度ある発射をしていくのみだ。

オナ禁でガチガチに己を固めるな。

硬い枝はすぐに折れる。

おれは柔軟な竹だ!

一度長いオナ禁を経験してでた答え。

オナキニストの数だけオナ禁の形がある。

一貫性がないかもしれないが、それがおれのリアル。