発射後3日目。「かたくななオナ禁を卒業」

いやー、まだ疲れが抜けねぇ。

最近の射精事情をふりかえる。

オナ禁215日が経過したあと、おれはほぼノーハンドで発射してしまった。その後 、オナ禁3日経過後、長期オナ禁中には感じた事のない強力なムラムラムラに襲われオ◯ニーをする。
このムラっ気は想像を絶するものだった。この時、仮に高強度の筋トレをしたとしても紛らわせられるレベルではなかった。「ここで放出しておかないとヤバいことになる」本能的に感じた。ヤバいこととは何なのかわからんが、とにかくエネルギーのダムは決壊寸前だった。

発射後、再度オナ禁を開始し、今日で15日目。
この約2週間でオ◯ニーはせずとも、3度、営みにより発射することになった。

215日の長期オナ禁後、おれは適度な発射は必要だと感じ、欲に任せて発射していたんだ。
オナ猿期のように毎日やるわけじゃなし、大丈夫だろうとたかをくくっていた。

それは間違いだった。

「疲れ、だるさ、まぶたの重さ」といった、感覚が答えだった。

「目の下のクマ」もでてきていた。

なら再び射精との距離を見直すのみ。

距離は体感、体験によりあぶり出される。

10日~14日に一回。

今後のカウントも、パートナーとの営み、オ◯ニーにかかわらず、発射後◯日としていく。

今日は発射後3日目。

次なる射精までは遠いけど、そこまでたどり着くことで発射することができる。オ◯ニーもあり。

この快感は人生のイロドリだ!

エロどりは節度をもてば人生を楽しくするエッセンス。

ストイック、ストイック、ストイックはもうおれのオナ禁道に合わねぇ。
エロを飼い慣らした上で、エロいこと楽しもー!

f:id:sreyki:20210406110720j:plain