発射後3日目。「オナ禁を始める時」

オナ禁の恩恵は間違いなく存在する。

身をもって体感してる。間違いねぇ。

そして、オナ禁効果は画一的じゃない。間違いなく個人差がある。

40代に突入したところで、平気でバンバン出しまくってる人がいる。
こりゃ、天性の精力の違いとしかいいようがない。
筋トレや栄養、睡眠等の努力や、生活環境ももちろんあるかも知れないが、生まれ持ったものには限界があるだろう。
背の低い遺伝子を持った人間が、栄養や整体で背を伸ばそうとしても限界がある。
それと同じだ。

オナ禁をするべき者、タイミングについては、

からだに疲れや老い、うつなどの異変を感じ、
自分と対話を始めたときに、思い当たる節がもし射精の影響?と感じた者なんだ。

おれもそうだった。

だからオナ禁ベースに毎日対話してる。

効果バンバン感じてるよ。

まず疲れにくくなった。絶望的不安感からの解放。
とにかく体調はあがった。

オナ禁すると、性について考えはじめる。

エロとの距離感を意識しはじめる。

今のおれは、必要なエロ以外は排除してる。

少しさみしい気がするけど、踊らされねぇ。

おまえ(エロの悪魔)にはな。

エロと生き生きした日常を天秤にかけたら、どっちが勝つのか。

ダントツ日常って人は間違いなくオナ禁の時期だ。

この世は人とのコミュニケーションなしに生きることは難しい。
引っ込み思案とか、積極的とか個人差、性格もあると思うけど、

最低限、社会で生きていくコミュニケーション力をつけないといけない。
その為に自己啓発本を読むのも一つかもしれないけど、まずは気力がなきゃ始まんない。


射精で消耗しすぎならスタートラインにすら立ててない状況だ。

だからオナ禁

オナ禁からスタート。

見直す。

生活を。

人生を。

おれは、オナ禁であぶりだされた。

おれの姿が。

おれにとってどんな人生が快適で何を望んでいるのかが。